第二章 結婚⇒子どもの誕生⇒転職

 

慌しく過ぎていく日々の中、24歳の時に職場で出会った一つ年上の奥さんとお付き合いをすることになり、3ヶ月でプロポーズしました。いわゆるスピード婚というやつですね。

 

そして2年後、子どもが産まれる前の月の3月に、私は次の就職先も決まらないまま、教員を辞めました。笑

 

ちょうど3年生の担任もしておりましたので、生徒と一緒に卒業しました。笑

進学先(就職先)が決まっていないのは私だけでしたが。。。

 

私の中で、教員になったのは敷かれたレールをただ歩んでいただけだったと気付いたこと、勤めて3年という節目を感じていたこと、そして辞めてもどうにかなるだろうという若気の至りが災いしました。笑

 

もちろん奥さんにはこてんぱんに怒られましたが。。。

 

その時は、教員を辞めたいという思いだけが先走り、正直今後どうするかということをあまり考えておりませんでした。

 

そして無職の状況で娘が誕生。笑

 

唯一良かったことは、毎日が休み?だったので、出産に立ち会えたり、生まれた娘や妻に寄り添えたことでした。

 

とりあえず土日が休みの会社を第一条件に探し、無事に5月には転職することができました。

 

 

次の章 ~ネットビジネスとの出会い~