みなさんお疲れ様です^^

 

3月に入って、気温もだいぶ暖かくなり、過ごしやすくなりましたね♪

 

今日は一次情報に触れることの大切さについて

お話ししたいと思います!

 

みなさんは普段スマホを使ってますよね♪

 

もちろん私も使っています。

 

何か気になるものがあったりした時に、

みなさんはまず何をしますか?

 

おそらくその情報を得るために、ネットで調べたり、

本を読んだりしますよね♪

 

その中で、良いことを書いてる記事もあれば、

悪いことを書いてる記事もあります。

 

 

「どれが本当なんだろう・・・」

 

 

と悩んだことはありませんか?

 

例えば、「iPhone」とGoogleで検索すると、

なんと約 689,000,000 件もヒットします。

 

 

これだけでも膨大な情報量ですよね!

 

 

ちなみに、総務省のホームページにも掲載されてるんですが、

2011年の時点で1.8ゼタバイトの

情報が世の中にあふれてるようです。

 

 

「ゼ・・・ゼタバイト・・??」

 

 

ってなりますよね!(笑)

 

説明すると、

 

1GB(ギガバイト)の1000倍が1TB(テラバイト)

1TB(テラバイト)の1000倍が1PB(ペタバイト)

1PB(ペタバイト)の1000倍が1EB(エクサバイト)

1EB(エクサバイト)の1000倍が1ZB(ゼタバイト)

 

のようです。

 

イメージしやすく例えるなら、

 

地球上にある砂の数を全て集めると、

1ZB(ゼタバイト)ぐらいの量になると言われています。

 

 

それだけすごい量の情報量が

2011年の時点であったというデータがあります。

 

 

今は2018年。

間違いなく7年よりもはるかに、

情報量が増えていることはわかると思います。

 

 

2020年には

40ZB(ゼタバイト)の情報が

溢れかえると予想されています。

 

地球上の砂粒の40倍の情報量ということです。

 

 

これだけの膨大な情報量になったのも、インターネットが普及し、

さらにSNSで個人が情報を発信できる時代になったからです。

 

 

ここで本題に戻りますが、

一次情報に触れることが、この報社会で勝ち抜く方法」

ということを抑えておいてください。

 

 

本当の情報もあれば、事実と全く異なる情報もあります。

 

 

それを見分ける方法は「一次情報に触れること」です。

 

 

ネットで色々と面白おかしく書かれているものもありますが、

あれは一個人の「ぼやき」でしかありません。

 

 

それを「そうなんだー」と鵜呑みにしていては

ダメだということです。

 

 

みなさんも伝言ゲームというのを一度はやったことがあると思いますが、

最初に話した人の話を順々に伝えていくと、

最後の人は、最初の人と全く違うものを話していた

ということがありますよね。

 

 

これと同じで、事実が主観や価値観によって

ねじ曲げられることがある、ということです。

 

 

そのためにも、まずは一次情報をしっかりとつかむことが

鍵になります。

 

 

投資やビジネスにしても様々な情報が溢れてますが、

一次情報ほど確実なものはありません。

 

 

誰かに聞いた。ネットに書いてあった。

なんてのは論外です。

 

 

これから生きていく上でも、この「一次情報に触れる」

ということを意識していくだけで、

ブレずに考えることができると思いますので、

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

 

それでは、素敵な週末をお過ごしください^^

 

何かご質問やご興味があればお気軽にお問い合わせくださいね^^

 

 

LINE@はこちら

LINEID:@ari0728i

スマホの方はワンタップで追加できます^ ^

パソコンの方はQRコードを読み取って追加できます!!

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事