お疲れ様です^^

 

 

今日はノミの話をしたいと思います。

 

 

ノミってのはこんなヤツですね↓

まぁこんなに愛くるしい顔をしているかは知りませんが。(笑)

 

 

そんなノミなんですが、ジャンプ力がえげつないことを知ってますか?

 

 

ノミは自分の身長の150倍も飛ぶことができるんです!

 

 

すごっ!ってよりもこわっ!って感じですが。。。

 

 

ちなみに人間に例えるなら、30階建てのビルを平気で飛び越えるイメージです!(笑)

そんなノミで行った、ある実験をお話したいと思います。

 

 

ある研究者がノミをコップに入れて、ガラスで蓋をしました。

 

 

すると、ノミもコップから出ようとジャンプするのですが、

 

 

何度ジャンプしても蓋に当たって出られません。

何度も頭をぶつけて、さぞかし痛かったでしょうね・・・。

 

 

そして、しばらくして蓋を外してみます。

 

 

やっとこれでノミも外へ出られるね!

 

 

と思うじゃないですか。

 

 

ところがどっこい←古

 

 

なんとノミはそのコップ以上に、ジャンプをしなくなったんです><

 

 

ノミはこう考えたのだと思います。

 

 

「なんやねんこれ!これ以上ジャンプすると頭ぶつかるやん!

 

 

これ以上ジャンプしたらあかんということかいな!」

 

 

謎に関西弁だったのですが、

 

 

おそらく自分の限界を決めてしまったのでしょう。

 

 

本当はめちゃくちゃ飛べるポテンシャルがあるのに、

 

 

自分でこのくらいが限界とセーブしてしまうんですね。

 

 

これは、ノミだけじゃなく、私たち人間にも当てはまると思ってます。

 

 

私たちは社会というルールの中で生きています。

 

 

いつの間にかその枠に収まりすぎてしまい、

 

 

自分の限界を決めてしまっていませんか?

 

 

私はせいぜいこんなもん。みたいな。

 

 

もし、何か目標を立てて始めてみたものの、うまくいかない。

 

 

やっぱり自分にはできないんだ。

 

 

成功している人たちは特別な人だよね!

 

 

なんて言い訳を言って簡単に諦めていませんか?

 

 

結局は全て幻想です。

 

 

社会の蓋、そしてあなた自身で作った蓋なんです。

 

 

本当は私たちは一人一人、すごいポテンシャルを持っているんだと思います。

 

 

ただ、本気を出していないだけです。

 

 

本気を出せば、自分が思ってもいなかった力を出すことができると思います。

 

 

あなたもぜひ、自分で作っている蓋をぶち壊して、大きくジャンプしてくださいね^^

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

LINE@はこちら

LINEID:@ari0728i

スマホの方はワンタップで追加できます^ ^

パソコンの方はQRコードを読み取って追加できます!!

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事